クラミジアを治療する医薬品は通販で購入できる

2019年08月11日
患者を診ている医者

最近は日本でクラミジア感染者が増えており、特に10代の若者では3割が感染しているといわれています。クラミジア感染症は、病原菌が性器粘膜や泌尿器、咽頭・眼などに感染して炎症を起こす病気です。中には自覚症状がない人も多く、自分が感染していることに気がつかない間に他の人にうつしてしまうケースも少なくありません。妊婦がクラミジア感染を発症すると流産・早産を引き起こしたり、出産の際に新生児に感染して肺炎を発症させてしまう恐れがあります。

クラミジア症は細菌感染によって引き起こされる病気なので、治療をするためには抗生物質(抗菌剤)を使用します。マクロライド系抗生物質アジスロマイシンを有効成分とする『ジスロマック』は、『クラミジア治療の第一選択薬』です。クラミジア症の治療の場合は、ジスロマックを1回服用するだけでその後1週間にわたり『効果』を発揮して完治します。

ジスロマックは、現在クラミジア治療において最も多く使われている抗生物質です。ジスロマックがクラミジア治療で第一選択薬として勧められている理由の一つが、原因となる細菌に対する有効性の高さです。 ジスロマックのクラミジアに対する有効性は、承認時に実施された臨床試験によって実証されています。 クラミジアによる尿道炎・子宮頸管炎を発症した患者108例に対し、高用量のジスロマック(有効成分として1000mg)を投与した結果、90.7%の方の症状が改善しました。

引用元:ジスロマック - 通販価格:4,380円【正規品36%OFF】|薬の通販オンライン

アジスロマイシンはマクロライド系抗生物質で、細菌の細胞内にあるリボソームと結合することで蛋白合成を阻害する働きがあります。細胞の材料である蛋白質を合成することができなくなった細菌は増殖をすることができず、死滅します。そのため、マクロライド系抗生物質は細胞壁を持たない細菌に対しても強い殺菌効果を発揮します。

ジスロマックは飲み薬(錠剤)で、感染症の種類により1回または3回服用するだけで1週間にわたり細菌の増殖を防ぐ効果が持続して病気が完治します。このためクラミジア症であることが分かっていれば、自分でジスロマックを入手して服用すれば治療をすることも可能です。

一般的に抗生物質は腸内の細菌バランスを崩してしまうため、下痢などの消化器系の副作用が出る場合が多いのです。ジスロマックは腸内細菌に対する影響が少ないため、下痢などの副作用が起こりにくくて安全性が高いという特徴があります。

ジスロマックを1回だけ飲めばクラミジア感染症を治療することができますが、日本では薬機法という法律により抗生物質は医師の処方箋がないと入手することができません。ジスロマックは一般向けのお店では販売されておらず、医療機関で診察を受けて処方してもらう必要があります。日本国内では一般向けのドラッグストアなどで処方箋薬を購入することができませんが、海外から個人輸入をすれば入手することができます。自分で使用する目的であれば、海外から医薬品を個人輸入することが認められているからです。

個人輸入と聞くと、何か難しい手続きをしなければならないと思われるかもしれません。日本人ユーザー向けのネット通販サイトを利用すれば、誰でも簡単に海外から処方箋薬を購入することが可能です。一部の通販サイトは日本語ページが用意されていて、薬の使用方法や注意点が日本語に翻訳されて表示されています。薬の購入代金は日本円で支払うことができ、国内の指定された銀行口座に代金の振り込みをするだけで海外から自宅に商品を発送してもらえます。

診療所や病院で診察を受けて処方してもらう場合は健康保険が適用され、3割分の負担で済みます。それでも国内に流通している医薬品は複雑な流通経路をたどることで値段が高く、診察料も別に支払わなければなりません。個人輸入をすると健康保険が適用されませんが、安いジェネリック医薬品を選択できたり診察料が不要なので安価で入手することができます。

クラミジアに感染していることを誰にも知られたくない場合や少ない費用で治療をしたい方は、ジスロマックを海外から個人輸入する方法があります。最近は病院で処方してもらわずに、ジスロマックを個人輸入して使用する人が増えています。ジスロマックは飲み方が簡単で副作用が少ないので、使い方に注意をすれば自分クラミジアを治療することができるからです。