記事一覧
クラミジアの症状男女差

クラミジアの病原菌は、尿道や性器の粘膜に感染して炎症を起こします。男性と女性は性器や尿道の構造が違うので、クラミジア感染症の症状に違いがあり...

2019年12月01日
繰り返すカンジダ症の予防方法

膣カンジダとは女性性器感染症のひとつで、真菌(カビ)の一種であるカンジダ菌という細菌が女性器で増殖をすると起こる炎症です。カンジダ菌は健康な...

2019年11月04日
クラミジア治療薬のミノマイシンの副作用と注意事項

クラミジア治療の際に第一選択薬としてジスロマック(アジスロマイシン)が使用されますが、人によってはアレルギー反応を起こしたり急性腎不全・肝機能障害などの重大な副作用が出る場合があります。クラミジア菌の種類によってはマクロライド系のジスロマックで完治させることができない場合もあり、他の抗生物質を使用し...

2019年10月18日
アジーはなぜ先発医薬品のジスロマックより安いのか

病院でクラミジアと診断されると、マクライド系の抗生物質であるアジスロマイシンを有効成分とするジスロマックが処方されます。ジスロマックを使用すれば1回の服薬で完治させることができ、500mg錠であれば2錠を飲むだけで済みます。ジスロマックは先発医薬品なので値段が高く、病院で処方してもらう場合には2~3...

2019年09月30日
咽頭クラミジアはどう治すのか

クラミジアが咽頭に感染する割合は欧米よりも日本の方が高く、特にオーラルセックスをおこなう風俗の仕事をしている女性に多く見られます。風俗の仕事をしている人以外にも、複数の相手とオーラルセックスをしている男女でも高い割合で感染が認められます。もしも何らかの原因で咽頭クラミジアに感染して扁桃腺などに炎症を...

2019年09月10日
クラミジアって喉にも発症するの!?その完成経路は?

クラミジアは主に、性交渉などにより泌尿器や性器の粘膜に感染して炎症を起こすことが知られています。実はクラミジア症は泌尿器・性器の粘膜以外の場所に感染して、炎症を引き起こす場合があります。最近増えている症状は、細菌が咽(のど)に感染して扁桃炎・咽頭炎や高熱などを引き起こす咽頭クラミジア症です。扁桃炎は...

2019年08月22日
クラミジアを治療する医薬品は通販で購入できる

最近は日本でクラミジア感染者が増えており、特に10代の若者では3割が感染しているといわれています。クラミジア感染症は、病原菌が性器粘膜や泌尿器、咽頭・眼などに感染して炎症を起こす病気です。中には自覚症状がない人も多く、自分が感染していることに気がつかない間に他の人にうつしてしまうケースも少なくありま...

2019年08月11日